3SICP技術協会 変わります。エコ社会のみちへ。SGICP工法 & 3Sセグメント工法 & GROW工法


3Sセグメント工法


老朽化した下水道管渠の形状を考慮した、透明で軽量の更生用プラスチック製セグメント材を人力にて既設人孔入口から搬入し、既設管渠内にて運搬を行いボルトナットで組み立てた後、既設管きょとの隙間に3S 充填材を注入し、3S セグメント材、3S 充填材および既設管を一体化した複合管を構築する技術です。
3Sセグメント工法
特徴
施工準備が用意
 ・大型/特殊機械が不要
 ・人孔入り口よりのセグメント及びツールの搬入が可能
確実な施工が可能
 ・透明セグメントを使用することにより充填材の注入状況の目視が可能
 ・新管と同等以上の強度確保が可能
施工の柔軟性が大
 ・曲線施工が可能
 ・2方向への同時施工が可能
 ・用途によりセグメント樹脂材料の選定可能
既設管の稼働状況への影響小
 ・流水下での施工が可能
 ・一時中断しての分割作業が可能
 ・部分的な更生が可能


適用範囲・施工性





使用材料

セグメント本体はプラスチック形成品で、材質は硬質塩化ビニル(PVC)です。

円形管理セグメント 矩形管理セグメント


施工事例

更生後の円形管(φ1500)
更生後の矩形管(内寸1000×1000)
   
更生後の馬蹄形管(φ3000×2900)
更生後の矩形管(内寸6200×3000)



| HOME | 協会概要 | 新着情報 | 工法紹介 | 施工実績 | お問い合せ | ダウンロード | リンク |
Copyright : 3SICP Technology Association 2011 All Rights Reserved.