SGICP工法

SGICP工法では、現場のニーズに合わせて、2タイプの含浸樹脂が追加されました。

●速硬化タイプ:硬化時間を1/3短縮

●ノンスチレンタイプ:施工時にスチレンガスが発生しない

反転工法

既設マンホールの上部に仮設材でタワーを組み
水頭差を利用してライニング材を反転挿入させる。

事前にライニング材をNAGA反転機に収納させ,エアー圧でライニング材を既設マンホールから反転挿入させる。市街地など高さ制限等がある場合,NAGA反転機を使用する。

形成工法

含浸工場で本管形成工法用ライニング材を製作し、施工現場で既設管内にライニング材を引込む方法である。

取付け管施工

本管取付け管の施工順序を問わず現場状況に合う施工方法で行います。ライニング後の本管取付け管一体化部に所定の水密性を持つ工法です。

ビフォー

本管ライニング工前に、ツバ付き取付け管ライニング材を管内作業用ロボットで本管内の取付け管口に移動させ、水圧または空気圧でライニング材を取付け管内に反転した後、温水にて加圧硬化させる。

アフター

本管ライニング後、SGS 止水パット付きの取付け管ライニング材を使用しビフォーライニングと同じ方法で取付け管をライニングする。

適用範囲・施工性

本管

取付管


開発目標

本管取り付け管
反転工法形成工法
継手部屈曲角 10° 10°
継手部隙間 120mm 75mm
継手部管ズレ段差 30mm 30mm
継手部横ズレ 30mm -
継手部滞水 50mm 70mm -
曲管 - 45度 2か所

 

本管本管取付け管接合部
ビフォーアフター
浸入水 水圧0.05Mpa
流量2リットル/min
水圧0.05Mpa
流量2リットル/min
水圧0.03Mpa
流量1リットル/min
水密性内水圧 0.1MPa 0.1MPa 0.1MPa
外水圧 0.1MPa 0.1MPa 0.05MPa
物性値曲げ強度 40N/mm2
短期曲げ弾性係数 2450N/mm2
長期曲げ弾性係数 2000N/mm2
耐薬品性 下水道用強化プラスチック複合管(JSWAS K-2 )と同等以上
耐摩耗性 下水道用硬質塩化ビニル管(JSWAS K-1 )と同等以上

 

お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5733-6888

  • 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日を除く) 10時~12時/13時~17時