3Sセグメント工法(公益社団法人 日本下水道協会 Ⅱ類資器材 登録商品)

老朽化した下水道管渠の形状を考慮した、透明で軽量の更生用プラスチック製セグメント材を人力にて既設人孔入口から搬入し、既設管渠内にて運搬を行いボルトナットで組み立てた後、既設管きょとの隙間に3S 充填材を注入し、3S セグメント材、3S 充填材および既設管を一体化した複合管を構築する技術です。

特徴

施工準備が用意

確実な施工が可能

施工の柔軟性が大

既設管の稼働状況への影響小

適用範囲

施工性

使用材料

セグメント本体はプラスチック形成品で、材質は硬質塩化ビニル(PVC)です。

円形管用セグメント

矩形管用セグメント

施工事例

更生後の円形管(φ1500)

更生後の矩形管(内寸1000×1000)

更生後の馬蹄形管(φ3000×2900)

更生後の矩形管(内寸6200×3000)

お気軽にお問い合わせください

設計条件などの資料を添付する必要がある場合は、設計・見積依頼のページからご連絡ください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5733-6888

  • 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日を除く) 10時~12時/13時~17時